WooCommerce日本語解説サイト - WordPressでネットショップを作ろう!

【WooCommerce設定ガイド】 「税」タブの設定

この記事ではWooCommerce(ウーコマース)設定の「税」タブの設定について解説します。(※「WooCommerce For Japan」をインストールしている前提での説明になります。)WooCommerceの「税」タブの設定画面には、WordPress管理画面から「WooCommerce」>「設定」>「税」と進みます。

 

「税オプション」メニュー

「税オプション」メニューの位置
「税オプション」メニューの位置

 

税オプション

【WooCommerce設定ガイド】 「税」タブの設定 - 「税オプション」メニュー
【WooCommerce設定ガイド】 「税」タブの設定 – 「税オプション」メニュー

 

税金を有効にする

有効にします。消費税が発生するので必須です。
※海外に発送する場合は消費税・その他の税含め課税対象になるかどうかはご自分で調べてください。

 

税込金額を入力

商品登録の際の価格入力方法を決めます。 「いいえ、税抜きの価格を入力します。」を選択したほうが運用上分かりやすいと思います。(税抜価格入力を選択しても、ショップ上では税込価格で表示することは可能です。)
※この項目を変更しても、既存商品の価格は変更されませんので注意してください。

 

以下に基づく税の計算

  • 「顧客の配送先住所」
  • 「お客様の住所」
  • 「お店の本拠地」

基本的に「お店の本拠地」を選択することを推奨します。
それ以外を選択している場合、商品価格表示、カートページ、支払い(チェックアウト)ページなどにおいて税計算が実施されないことがあります。

「顧客の配送先住所」、「お客様の住所」を選択している場合に税計算が実施されない理由は、お客様(ショップ訪問者)に住所が定義されていないからです。(新規訪問者、ログアウト状態の訪問者の場合は当然ながら住所情報がありません。)税計算に使用される税率は「標準税率」(本記事の下の方で説明)で定義した消費税が適用されますが、国コードでJPを指定しているため、お客様(ショップ訪問者)の住所情報が国コード:JPに該当しないと税計算が実施されません。つまり、お客様(ショップ訪問者)の住所情報が未定義の場合、国コードが該当せず税計算が実施されなくなるということです。

「以下に基づく税の計算」で「お店の本拠地」を選択すると、「お店の本拠地」は国コード:JPに該当するのでお客様(ショップ訪問者)が新規、ログアウト状態であっても税計算が実施されます。

※「お店の本拠地」は「一般」タブの基本設定-販売拠点の項目で設定可能です。「一般」タブの設定についてはこちらの記事で解説しています→『【WooCommerce設定ガイド】 「一般」タブの設定』

 

送料税クラス

このままで良いです。 日本国内への発送の場合は関係ありません。
※海外に発送する場合はご自分で調べてください。

 

税の丸め計算

このままで良いです。(無効で良いです。)

 

追加の税金クラス

このままで良いです。
※削除しても良いです。ここに記載されていた税金クラス名の項目が「税オプション | 標準税率 | …」の並びから削除されます。これらは日本国内のみで営業する場合には使用しません。

 

店で表示する価格

基本的には「税込」で良いかと思います。 お客様に分かりやすい表示を心掛けるべきだと考えます。

※2016年3月現在、「総額表示義務の緩和(国税庁)」適用期間中ではありますが、この緩和措置は2017年3月31日まで2018年9月30日まで(延長されました)、2021年3月31日まで(更に延長されました)となっています。先のことを考えると最初から税込み表示にしておいた方が良いと思われます。税別表示をする場合は各種法令に従い、適切に行うようにしてください。

 

支払いやカードで表示する価格

「税込」にします。
※この項目名は日本語訳のミスだと思いますが、「カード」ではなく「カート」だと思われます。(当サイトでは基本的に実際のWooCommerceの表記に基づいて解説しています。)

 

価格表示の接尾辞

「(税込)」で良いでしょう。括弧は任意で変更しても問題ありません。
※この項目では価格の後に表示されるテキストを定義します。

「価格表示の接尾辞」の表示例
「価格表示の接尾辞」の表示例

 

税合計を表示

  • 「単一の合計」
  • 「項目別」

「項目別」で良いと思います。(どちらを選択してもほとんど差はありません。)
適用される税は消費税のみなので、どちらを選択しても項目としては一つしか表示されませんが、「項目別」を選択すると”消費税”と明記されるようになります。以下にそれぞれを選択した場合の表示を載せます。(カートページでの合計表示)

「税合計を表示」で「項目別」と「単一の合計」の表示の違い
「税合計を表示」で「項目別」と「単一の合計」の表示の違い

 

 

「標準税率」メニュー

 

「標準税率」メニューの位置
「標準税率」メニューの位置

 

“標準” 税率

【WooCommerce設定ガイド】 「税」タブの設定 - 「標準税率」メニュー
【WooCommerce設定ガイド】 「税」タブの設定 – 「標準税率」メニュー

上記画像のように設定してください。

国コード : JP

都道府県コード : (空欄)

郵便番号 : (空欄)

市/町 : (空欄)

率 % : 8.0000

税率名称 : 消費税

優先順位 : 1

複合 : (チェック無し)

配送方法 : チェックを入れる
※WooCommerce設定の「配送方法」タブで設定する各配送方法の配送料を課税対象にするには、この項目にチェックを入れる必要があります。ここにチェックを入れないとカートページや支払いページにおいて配送料に対して税計算が実施されません。「配送方法」タブの設定方法についてはこちらの記事で解説しています→ 『【WooCommerce設定ガイド】 「配送方法」タブの設定』

 

 

※「Reduced Rate 率」、「Zero Rate 率」は使用しないので特に説明はありません。

「税」タブの設定はこれで終わりです。次は「支払い方法」タブの設定です。

 

『【WooCommerce設定ガイド】ショップ構築の7つのステップ』に戻る

関連記事
2コメント
  1. ミウラノブヒト さんのコメント

    WPショップラボ管理人さま はじめまして。 記事、めちゃめちゃ助かっています。本当に有難うございます。感謝です。私は2.5からWooCommerce使っていたので、Table Rate Shippingを使ってきました。 今回、カートでTRSプラグインのエラーがでていると教えられ(再現できませんでしたが)、バージョンを新しくするか、TRSを使わないで設定してみるか調べていてたどり着きました。 前置き長くなりました。 実はさきほどローカルに入れたWooCommerce+WooCommerce For Japan(2017年10月19日時点での最新)では、「税」タブが表示されておりません。 もうすこし、調べてみますが、ご存知のことありましたら教えてください。よろしくお願いいたします。  他の記事もすでにものすごくたすかっています。SMTPも設定しました。Google Tag Managerもそんなに大事だと知りませんでした。 本当に色々ありがとうございました。

    1. WPショップラボ管理人 さんのコメント

      コメントありがとうございます。当サイトの記事がお役に立てたなら幸いです。

      ご質問の件ですが、テスト環境でWCとWC for JPを最新版にして確認しましたが、「税」タブはちゃんと表示されました。

      考えられるのは上記以外のプラグインとの干渉です。一旦他のプラグインをすべて停止して確認してみてください。
      それで正常に表示されたら、1つずつプラグインを有効にして表示確認をして問題が起こるプラグインが見つかるまで繰り返してください。後はそのプラグインの代わりになるものを探すか、諦めるかの判断になると思います。
      ※WCとWC for JP以外を停止しても正しく表示されない場合は、テーマと干渉している可能性も少なからずありますので、storefrontに変更して確認してみてください。

      【Table Rate Shippingが干渉を起こしている場合】
      WooCommerceは2.6で送料設定の仕様が大きく変わり、Table Rate Shippingに似た細かい料金設定が可能になりました。
      TRSプラグインは使用したことがないので機能的に完全に同じことが実現できるか分かりませんが、TRSプラグインの使用をやめてWCの標準機能で送料設定を行うことを検討しても良いかもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA