WooCommerce日本語解説サイト - WordPressでネットショップを作ろう!

商品タグで商品リストを表示するWooCommerceプラグイン『WooCommerce Display Products by Tags』

今回は商品タグによる商品リストの表示を可能にするWooCommerceプラグイン『WooCommerce Display Products by Tags』を紹介します。

 

WooCommerce Display Products by Tags とは

WordPress公式プラグインページはこちら → https://wordpress.org/plugins/woocommerce-display-products-by-tags/

以前の記事「【WooCommerce設定ガイド】 ショートコードで商品リストを表示しよう」で、WooCommerceが元から持っている機能として、商品リストを表示するショートコードについて解説しました。その中に商品カテゴリーや属性を指定して商品リストを表示するものは有りましたが、商品タグを指定して商品リストを表示できるものはありませんでした。

『WooCommerce Display Products by Tags』は商品タグで指定した商品リストを表示するショートコードを使えるようにするプラグインです。

商品カテゴリーで商品リストを表示するショートコード

[product_category category="category-name"]

の商品タグ版ですね。

 

インストール方法

WordPressの管理画面から、「プラグイン」>「新規追加」>”WooCommerce Display Products by Tags”で検索するとこのプラグインがが表示されますので、「今すぐインストール」を押します。

woocommerce-plugin-display-products-by-tagsのインストール
woocommerce-plugin-display-products-by-tagsのインストール

インストール完了後、有効化します。特に設定などはありません。

 

WooCommerce Display Products by Tags の使い方

使い方はとても簡単です。

ショートコード

[product_tag tags="tag1,tag2"]

WooCommerce標準のショートコードとほぼ同じです。タグのスラッグをカンマ区切りで入れるだけです。

 

[表示例]

WooCommerce Display Products by Tagsのショートコード表示例
WooCommerce Display Products by Tagsのショートコード表示例

WooCommerce標準のショートコードによるリスト表示と同じように出力されます。

 

パラメータ

使用可能なパラメータは基本的にWooCommerce標準のショートコードと同じです。

※使用例の値はすべてデフォルト値です。パラメータを指定しない場合はこの値が使用されます。

パラメータ 説明
per_page 商品の表示数を指定します。使用例:per_page=”12″

※per_pageという名称ですが、これは単に表示数を指定することのみに使用されます。

columns 1行あたりの表示数を指定します。使用例:columns=”4″
orderby 商品リストのソートキーを指定します。使用例:orderby=”title”

[orderbyに使用できる値]
date(登録日)、title(商品名)、modified(更新日)、rand(ランダム)などが使用可能です。こちらで使用可能な値について詳しく解説されています。→ 関数リファレンス/WP Query(WordPress Codex 日本語版)

order ソート方法(昇順/降順)を指定します。使用例:order=”asc”

[orderに使用できる値]
desc:降順
asc:昇順(逆の順番になります。この場合、商品登録が古い順になります。)

tags 商品タグをスラッグで指定します。使用例:tag=””
operator タグの条件です。使用例:operator=”IN”

[operatorに使用できる値]
IN:指定したタグが一つでも付いている商品
NOT IN:指定したタグが付いていない商品
AND:(複数)指定したタグがすべて付いている商品

 

フック(PHPレベルでのカスタマイズ)

※中級者~上級者向けです。通常は使用する必要はありません。

このプラグインにはフックが用意されています。使用しているテーマのfunctions.phpに下記コードと”your_function_name”に自作の関数を記述して利用してください。

add_action( 'ss_wc_shortcode_before_product_tag_loop', 'your_function_name' );

商品リストを取得するループの前に実行する処理を追加することが可能です。

add_action( 'ss_wc_shortcode_after_product_tag_loop', 'your_function_name' );

商品リストを取得するループの後に実行する処理を追加することが可能です。

 

どんなケースで使用するか

商品タグは商品カテゴリーを横断的に付けることが可能なので、かなり自由度の高いリスト表示が可能になります。ショップのTOPページや特設ページなどに任意の商品リストを表示する際にこのプラグインのショートコードが役に立ちます。

具体例

  • 数量限定
  • 即納可
  • etc…

あまり多く思い付きませんが、商品カテゴリーによるリスト表示では難しい場合に商品タグとこのプラグインを使用すると良いでしょう。

関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA