WooCommerce日本語解説サイト - WordPressでネットショップを作ろう!

【WooCommerce設定ガイド】 ショップ公開に最低限必要なページについて

今回はネットショップを公開する上で最低限必要なページについて簡単に解説します。WooCommerce(ウーコマース)の設定・機能とは基本的に関係ありませんが、ネットショップに必要となるものなので、ショップ立ち上げの最後のステップとして簡単に解説します。

 

「特定商取引法に基づく表記」

インターネットを利用した通信販売は特定商取引法の規制の対象になります。消費者の利益の保護と損害の防止のために、同法により「特定商取引法に基づく表示」をすることが事業者に課せられています。これはネットショップを運営する場合、必ず掲載する必要があります。

「特定商取引法に基づく表記」についてはこちらの記事で詳しく解説されています。

→ 特定商取引法に基づく表記の設定・省略・書き方(いまどきのネットショップ開業講座)

書き方・フォーマット

以下の様な表形式で記載されることが一般的です。記入例は上記リンクの解説ページを参考にしてください。

販売業者
運営統括責任者
所在地
電話番号
販売価格について
商品代金以外の必要料金
申込の有効期限
不良品について
商品の引渡し時期
お支払方法
お支払期限
返品・交換
メールアドレス
ホームページアドレス

 

 

「当店について」

ショップの紹介や運営上お客様に伝えたいこと・アピールしたいことなどを載せます。これは法的には全く必須ではありませんが、「どういうショップなのか」というお客様の疑問に答えるページとして用意しておくと良いでしょう。

書き方・フォーマット

特に決まりはありません。ショップとしてお客様にお伝えしたい事を書きましょう。少ないですが、以下に参考例を挙げます。

 

取り扱い商品に関する特記事項

  • メーカー正規品:「当店はメーカーと代理店契約しており、100%安心して正規品を購入いただけます。」
  • 並行輸入品:「当店で取り扱う商品は並行輸入品ですので、メーカー・正規代理店に問い合わせいただいても対応いただけない場合がございます。当店でご購入いただいた商品ついては当店に必ずお問い合わせください。」

※「並行輸入品」のように一見ネガティブにも思えるようなこともしっかりと誠実に表記したほうがお客様の信頼を得やすく、また後々に問題になりにくいです。

 

運営方針関連

  • ○○時までの注文は即日発送します
  • しっかりと検品作業した上で商品をお届けしています。検品作業の様子はこちのページに~~~(リンク)
  • プレゼント用ラッピングを無料で行っています。メッセージカードも付けられます。

 

 

「規約・取引条件」

ショップとしての規約や取引上の条件について定めたものを掲載します。

書き方・フォーマット

これも特に決まりはありません。明示すべきものを考えて掲載しましょう。以下はその例です。

  • 本規約の適用範囲及び変更
  • 規約の変更、承諾
  • 利用者(の定義)
  • ショップの利用条件
  • 支払い方法
  • 送料・手数料
  • 配送について
  • 不良品・誤納について
  • 返品・交換について
  • アカウント管理
  • 個人情報の取り扱い
  • 禁止行為
  • 著作権
  • 免責事項
  • 準拠法
  • 協議解決
  • 合意管轄裁判所

 

「個人情報保護のための行動指針」

個人情報の取得、管理、利用、破棄等に関する行動指針を明示します。

書き方・フォーマット

プライバシーマークを取得している場合は、取得している旨(プライバシーマークの画像)及び個人情報保護方針を掲載しましょう。

プライバシーマークを取得していない場合は、特に形式はありませんが、以下の様な項目について掲載すると良いでしょう。

  • 個人情報の管理
  • 利用目的と収集範囲
  • 個人情報の利用
  • 第三者への提供・開示の禁止
  • 業務委託先の監督
  • 情報セキュリティの確保・向上
  • 教育・啓発
  • 個人情報の開示・訂正などへの対応
  • 継続的な見直しと改善

 

以上がネットショップ公開に最低限必要なページです。お客様に余計な不安を抱かせないようにしっかりと表記・掲載しましょう。

 

『【WooCommerce設定ガイド】ショップ構築の7つのステップ』に戻る

関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA